小売業から転職しました

現在は大学職員。就活や転職の情報をお届けします。

小売業に向いている人の特徴・性格とは?

「小売業に興味があるけど、自分は小売業に向いているの…?」

「自分にはどの業界が合っているのかわからない…」

就活生や転職を考えている方で、こういった悩みを持つ方は多いはず。

そこで今回は、

「小売業へ就職したい」

「小売業への就職を考えている」

「小売業が気になっている」

という方に向け、小売経験者から見た「小売業に向いている人の特徴・性格とは?」を紹介していきます!

f:id:sushi1051027:20181021121028j:plain

 小売業に向いているのは「失敗しても気にしない人」

小売業界は企業間の競争が非常に激しいです。

そんな業界を生き抜くために必要なのは、「挑戦」です。

なので常に「失敗を恐れず、新しいことに挑戦する姿勢」が求められます。

ユニクロで有名なファーストリテイリングの柳井会長の発言の中には、

「新しいこと10回のうち、1回でも成功すればいい」というような言葉があります。

 

なので1回の失敗など気にせず、どんどん新しいことに挑戦していける人にとっては、小売業という環境は非常に魅力的だと思います。

現に小売業には、「挑戦したうえでの失敗」には寛容な企業が多いように思いました。

 

「必ず売れる」という保証もないので、ギャンブル的な要素もありますね。

(ギャンブル好きな人が多かったのは気のせいでしょうか…笑)

接客が好きな人は小売業向き

小売業では「接客」が必須です。必ず「人」と関わる仕事です。

お客さんへの接客もそうですが、従業員とコミュニケーションをとる機会も非常に多いです。

コミュニケーションのとり方次第で、売上などの結果が変わることもあります。

それくらい、小売業ではコミュニケーションが大きな意味をもつのです。

なので「人と関わる仕事がしたい!」という人には、小売業をオススメできます。

 

逆に「黙々と仕事がしたい」「人と関わるのが苦手」という人には、他の業界をオススメします…。

「話すのが好きだ!」という人には、小売業は最高の環境だと思います。

「節約好き」は小売業向き

小売業ではいかにして「稼ぐか」「貯めるか」という視点が求められます。

・1円でもお金にしたい!

・お金大好き!

・捨てるなんてもったいない!

こういった考えは、小売業で1番大事です!

 

なるべく商品を割引せずに販売し、売上と利益を積み重ねていく…

特に「割引をしない」「廃棄をしない」というのは、「節約好き」な人が得意とする分野ではないでしょうか…?

 

これができれば、小売業ではすぐに昇進できます。

また小売業で働いていると「この商品がお得なのか?」ということもわかってくるので、私生活での節約にも役立ちますよ。

(転職した今でもかなり役立ってます。笑)

飽き症な性格は小売向き

小売業は毎日がイレギュラーです。

商品も次々に入れ替わります。

飽き症の人でも決して退屈はしない…はずです。

 

また転勤も非常に多いので、職場の人間関係がマンネリ化することもありませんでした。

現に前職の友人も、

「飽き症だから、小売業が1番向いてると思うんだよね」

と言っていたので、飽き症の人には小売業が向いているのかもしれません。

逆に「毎日同じことをしたい」「変化のない職場が良い」という人には、小売は向いてないように思いました。

まとめ~自分に合った仕事とは?~

小売業に向いている人の特徴や性格を4つ紹介してきました。

小売業も選択肢の1つとして良いかもしれませんが、

「自分に合った業界ってなんだろう?」と悩んでいる方は、就活サイトや転職サイトを利用してみるのもアリだと思います。

<就活生向け>

面接やSPI対策、自己分析などが登録無料でできます。

内定者のESなども見れるので、リクナビマイナビと併せて登録しておくと便利でした。

就活生時代にお世話になったサイトです。

<転職者向け>

「業界で最も親身なサポート」で有名なパソナキャリアです。

自分に合った業界を、転職者目線で一緒に探してくれました。

初めての転職でしたが、安心してお任せすることができました。

非公開求人にも強みがあるのでオススメです。

 

いまや「適職探し」ができるサービスは非常に充実しているので、せっかくなら自分に適した業界で働く方がいいですよね!

参考になれば幸いです。