小売業から転職しました

就活や転職の情報をお届けします。大学勤務。

販売士検定2・3級の難易度・オススメのテキストを小売業経験者が紹介!

f:id:sushi1051027:20181221090512j:image

小売業で働いている・小売業で働きたいなら知っててほしい販売士検定。

・販売士検定の難易度は?

・合格するための勉強方法やテキストは?

・取得して役に立った?

今回は販売士検定について紹介していきます!

販売士検定の難易度

2・3級ともに5科目の受験が必要。

1科目100点満点で2・3級のどちらも

・1科目につき50点以上

・全科目の平均が70点以上

の正答率で合格となります。

1科目でも50点未満があれば不合格になるので、満遍なく点を取る必要があります。

 

難しそうに見えますが、全てマークシートなのでそこまで難易度は高くありません。

合格率は毎回変動しますが、商工会議所のデータを見ると

・3級→50~70%

・2級→45~60%

この数字から見ても、比較的合格率は高いと言えます。

私が合格した勉強方法

基本的にはテキストと過去問を解けば2・3級ともに合格可能です。

私の場合は、

3級→過去問を解くだけ(2週間)

・2級→テキストと過去問を2周ずつ(2ヶ月)

これだけで一発合格しました。

3級の難易度は低く、あまり対策しなくとも受かった?ような気がします。

2級に関しては知っておかないと解けない問題や計算などあるので、テキストや過去問は必須です。

 

「スーパーやコンビニで働いていれば勉強しなくて受かる」

と言う人もいるようですが「この知識って業務で使う?」みたいな問題も多いので、「小売業で働いていれば受かる」なんてことはありません。

アパレルで使うような色彩に関する問題も出たりするので、ある程度は勉強しておきましょう!

取得して役に立つ?

結論から言えば、「役に立つ」です。

取得しておけば、より業務内容の理解につながり、仕事するだけでは得られない知識も学べました。

 

小売業への就職を考えている就活生や、小売業で働いているという方には、まずは3級の取得をオススメします。

中には「昇進のために販売士検定が必須」という企業もあるので、取得して損はしません。

また、

・小売業から転職したい

・小売業から転職するかもしれない

という方には、「小売業での経験を形にできる」という点で2級までは取得しておきたいところ。

小売業での経験は、あまり目に見える形で残せません。

先のことも考えて「販売士検定2級」までは取得しておきましょう。

使用したオススメのテキスト

最後に、実際に使用したオススメのテキストを紹介しておきます。

3級は過去問この1冊のみ。


販売士(リテールマーケティング)3級 過去問題集 第6版

2級はテキストと過去問の2冊を使用してました。


販売士教科書 販売士(リテールマーケティング)2級 一発合格テキスト&問題集 第3版

販売士(リテールマーケティング)2級 過去問題集 第6版