小売業から転職しました

就活や転職の情報をお届けします。大学勤務。

転職活動は仕事を続けながら?辞めてから?小売業から転職した私の場合…

f:id:sushi1051027:20181222093017j:image
仕事を続けながら転職活動すべき?それとも辞めてから?

難しいところですが、どちらもメリットとデメリットはあります。

今回は、小売業から転職した私の経験も交えて「仕事を続けながら転職活動すべきなのか?」お伝えしたいと思います。

転職活動を仕事を続けながらする場合

私の場合は、仕事を続けながら転職活動をしていました。

そのときのメリットとしては、

・収入があるので金銭的な問題がない

・転職できなくても職はある

・焦りがなく、精神的余裕を持てる

・「なぜ辞めた?」という質問をされない

 

デメリットとしては、

・スケジュール調整が難しい

・転職活動で休日が潰れる

・疲労が溜まり、現職に影響が出る場合も

・活動範囲に制限がある

 

1番のメリットは「精神的余裕」だと思いました。収入もありますし、もし採用試験に落ちても職はあります。

(実際にお祈りされたこともありましたが、ダメージはあまり受けませんでした。)

なので、焦って転職先を決める必要がないため、採用試験の1つひとつに落ち着いて望むことができました。

 

小売業という仕事は「勤務中に職場を抜ける」などできず、また連休の取得も厳しい。そのため採用試験のスケジュール調整には非常に苦労しました。

(体力的にもキツかったです…)

ですが中には「仕事を続けながら転職活動をする」ことを評価してくれる方もいたので、結果的に仕事を続けながら転職活動して良かったと思っています。

仕事を辞めて転職活動する場合

友人が仕事を辞めて転職活動をしていましたが、その友人を見て思ったメリットは、

・スケジュール調整しやすい

・活動範囲に制限がない

・応募書類をよりブラッシュアップできる

・時間があるため情報収集など対策しやすい

 

デメリットとしては、

・収入がなくなる

・精神的に余裕がない

・焦って転職先を決めがち

・空白期間が長くなれば不利になる

 

仕事を辞めているので、この場合は転職活動にグッと集中できます。遠方への転職活動もでき、体力的にも余裕を持てますね。

志望動機などもブラッシュアップでき、採用試験の対策に時間を割くことができます。

特に採用日で制約を受けることもありません。

 

しかし収入がないため精神的余裕がなくなり、焦って次の職場を決めがちです。

また空白期間が長くなればなるほど不利に…。

転職は出来ましたが、1つひとつの採用試験に落ち着いて望むことが難しかったようです。

 

「仕事を続けながら転職活動する」

「仕事を辞めて転職活動する」

どちらにもメリットとデメリットはありますが、私が転職活動を終えて感じたのは、精神的に余裕を持てるかどうかが重要だと思いました。

焦って転職活動を進めても、自分が希望した環境に転職できなければ意味ないです!

(個人的には、仕事を続けながら転職活動する方がオススメです。)

 

転職できたけどこんなはずじゃなかった…

なんてことにならないよう、自分に合った方法で転職活動をしてくださいね。

 

<自分の価値を低く見積もっていませんか?>

意外と知らない「あなたの市場価値」について調べてみましょう。

www.kouri-tenshoku.net

www.kouri-tenshoku.net